公立大学法人 奈良県立医科大学脳神経外科

MENU
CLOSE

体験記

2023.10.25

入局3年目‐岡本知也先生インタビュー

プロフィール 岡本 知也  医員 入局年度:2020年(令和3年) 子供時代〜医師を目指すきっかけ 小学校2年生から高校、大学でもずっとサッカーをやっていました。 医師になることを意識したのは高校生の頃です 特に家族や親類など身近に医療関係者がいるという訳ではなかったのですが サッカーをする中で、自分自身はあまり怪我をすることはなかったのですが、故障して苦しむ仲間をみて、そういった人を助けるような

2023.12.01

入局1年目‐河野 俊希先生インタビュー

プロフィール 河野 俊希 医員 入局年度:2023年(令和5年) 医師を目指したきっかけ 医師を目指したきっかけは、中学2年の時でした。元々医師だった父親の影響で、医師という職業自体は馴染みがありましたが、当時は弁護士など人と話すのが得意な面を活かす職業に就きたいと思っていました。 そんななか中学2年の時に母親が乳癌と診断されました。検診でたまたま発見され、身近な人がガンになり非常に衝撃を受けまし

2021.05.29

脳神経外科の女性医師:〜ポリクリは感動でした!:岡本愛

プロフィール <岡本 愛 大学院生 入局年度:2015年(平成27年) 母、妹・猫二匹の家族 小児科医の担当へのあこがれ 私は物心ついた頃、小学校に上がる前から小児ぜんそくで、「息が出来ない、もう死ぬ~」と思っているときに、いつもその先生が来ると治るので、「この人、すごいな~」私もお医者さんになりたい!と漠然と思っていました。 小中は地元の公立で、特に教育熱心な環境ではなかったです。習い事は

2021.05.29

脳神経外科医が特別しんどい?〜入局1年目:矢野佑磨

プロフィール   矢野佑磨 医員 入局年度:2021年4月(令和3年) 奈良医大卒業 勤務医の父、母、姉の4人家族 「医師を目指したのは」多感な中学2年生の時期 実は、中学生の時には、「建築デザイナーになりたい」という、全く違うことも考えてました。 勤務医だった父には、病院を継がねばならないということもなかったので、 特に「医師になってほしい」という意向もなく、 将来の職業としては、何で

2021.12.01

医師志望の仲間とともに〜細川先生

プロフィール 奈良県立医科大学付属病院 細川先生 出身 奈良県 趣味 登山、自転車 医者という職業を選んだ理由は? 家族や親戚に医者がいたから選んだというわけでもなく(両親は普通の会社員です)、高校時代に周りの同級生がみんな医者志望だったので、深く考えずに学部を選びました。高校であまり勉強しなかったので1浪して医大へ。浪人中はすごく勉強しました。 大学は、家から近く通学も便利で奈良で土地勘もあった

2019.10.13

女性の脳神経外科医師の働き方〜育児中の時短勤務

後悔のない選択を~   角谷 美帆 入局年度:2015年(平成27年) 女性医師〜育児中 夫婦とも医師 「医師を目指したのは」高校3年生の秋でした。 ずっと、「工学部」に行きたいなあという思いがありました。パソコンは好きだし、人工知能やAIにも興味がありました。 ・・・色々考えているうちに いや、やはり「脳」だな!という思いになりました。 それで、脳神経外科医を目指そうと思いました。 手

2019.07.28

【指導医からの声】1998年卒〜山田先生

奈良県立医科大学脳神経外科の研修プログラム 頭蓋底腫瘍、巨大脳動脈瘤、てんかんの外科などの大学病院ならではといった症例から、市中病院で若手の先生にも経験できる脳出血、外傷の手術まで様々な症例や手術を経験してもらえるように構成されています。 専門医資格を得るまでに必要と考えられる症例、手術手技を網羅する内容となっています。 広い範囲をカバーするとともに将来希望する専門分野に進めるよう、若手のうちから

2019.07.28

「休みは家族でゆっくり。妻も医師」2014年卒 S先生

奈良県立医科大学を卒業し、そのまま同病院へ 〜専門性の高い分野へ〜 私は奈良県立医科大学を卒業し、そのまま同病院で前期研修医として働き始めました。 学生の頃から漠然と脳 神経外科への入局を考えていたため、様々な症例が集う奈良医大脳神経外科は充実した研修が積めるとの判断 がありました。 二年間の前期研修で自分のやりたい事を見つけたため、奈良医大脳神経外科医局への入局に至 りました。私は、てんかん外科

2019.07.28

「他大学出身でも心配なし」2012年卒 N先生

他大学出身でも心配なし 私は、平成24年3月に三重大学医学部を卒業後、実家の奈良に帰り前期研修医として奈良県立医科大学付属病院で研修しました。 もともと救急や神経疾患に興味があったことと重症管理がしたかったため、研修で救急対応や全身管理、手技の機会が多かった脳神経外科に興味を持ち奈良県立医科大学脳神経外科の末席に加えさせていただきました。 個人的には、他大学出身であったため医局の雰囲気が分からず不

2019.07.28

「早期入局制度で当医局へ」2011年卒 M先生

早期入局制度を利用し、奈良医大脳神経外科医局へ 私は大阪医科大学を卒業し、平成23年度より前期研修医として奈良医大で研修しました。 出身大学のクラブの先輩がきっかけとなって、そこから様々なご縁に導かれ、早期入局制度を利用して奈良医大脳神経外科医局の末席に加えさせていただきました。 自分自身の前期研修の感想ですが、研修科がかわると医療環境ががらりと変わります。 短期間で専門科の医学用語を覚える、慣れ

2019.05.08

脳神経外科入局 N先生

初期研修から手厚いサポート 初期研修の2年間のうち、私が脳神経外科を回ったのは1年目の最初の3か月間と2年目の中頃の2か月間でした。 初めの研修はオリエンテーションをやっと終え、右も左もわからない中で始まりましたが、初歩的なことも含め多くの事を教えていただきました。 日々のカンファレンスでは担当患者のプレゼンテーションや、手術の術前検討会でのプレゼンテーションなどを行い、自らの担当している患者につ

2019.05.08

脳神経外科入局 S先生

脳外科の手術がとてもおもしろい 私は、初期研修2年目の12月に脳神経外科をローテートさせて頂いたのですが、率直な感想は脳外科の手術がとてもおもしろいということでした。 ローテート中、開頭クリッピング術、バイパス術、腫瘍摘出術、穿頭血腫洗浄術等、色んな手術に立ち会わせて頂き、また術野にも入らせて頂きました。 手術のバリエーションが豊富で、同じ術式でもアプローチの方法が違ったり、マイクロでの繊細な操作

2019.05.08

他局入局A先生

別の入局先決定後のローテート参加 私は研修医2年目の3月、つまり研修修了直前に脳外科をローテートさせていただきました。 その頃には入局先も決まっており、年度末というお忙しい時期にもかかわらず優しく迎えてくださった先生方にはとても感謝しております。 初めて脳外科領域に興味をもったのは救急科で若年者の頭部外傷を担当させて頂いたときでした。 手術でこんなにも劇的に意識レベルがよくなるのか、と感動したのを

2019.05.08

神経内科入局のY先生

私は神経内科への入局を決めた後に脳神経外科をローテートしました。 脳卒中センターでの共同診療 2017年10月より脳卒中センターが始まり、脳神経外科と神経内科で脳卒中の診療にあたるようになりました。 脳卒中センター開設後は、これまで脳神経外科で主に診療されていた脳出血やくも膜下出血で搬送される患者さんを、神経内科でも診療する機会が増えることから、初期研修中に脳神経外科で勉強しておきたいと考えました

2019.06.22

2−憧れのParis −Hôpital Necker-Enfants maladesを訪れて

憧れのParis −Hôpital Necker-Enfants maladesを訪れて 小谷 有希子 同門会の先生方におかれましては,日頃よりご指導賜り,また,昨年に引き続き,今年も投稿させていただく機会を賜りましたこと,重ねて御礼申し上げます。今回は,昨年夏に訪問させていただいたFrance, ParisにあるHôpital Necker-Enfants maladesのご報告をさせていただき

2015.03.22

3−Sentiment of studying in Nara Medical University Hospital Department of Neurosurgery

Sentiment of studying in Nara Medical University Hospital Department of Neurosurgery 潘   冬 生 Japan, China’s neighbor, was both familiar and distant to me before I set foot on this land. Japanese carto

2015.03.22

4−ベルリン留学記

新   靖 史 2013年9月,一人の侍がベルリンに降り立ちました。腰に刀を差し,侍は魂だけで勇気を振り絞って進むしかありませんでした。刀は脳神経外科学,とにかくドイツで学ぶのだという魂です。真っ暗な中を朝から出かけて行き,初めてヴァイコッチ教授(Prof. Peter Vajkoczy)に会ったとき,ニコッとして大きな声で You are welcome !  SAMURAI !  頑張ろうぜ!

2015.03.22

5−モンペリエ留学体験記

モンペリエ留学体験記 松 田 良 介 はじめに  現在私は,南仏に位置するモンペリエ大学医学部附属Gui de Chauliac病院で研修させていただいております。1年という長期にわたる留学をお許し下さいました中瀬教授,ならびに快く送り出して下さいました諸先生方にこの場を借りて厚く御礼を申し上げます。  モンペリエという街をはじめて聞かれる先生が多いかと思いますので,ご紹介したいと思います。ラング

2015.03.22

6−若手女医の脳神経外科研修に関する取り組み

若手女医の脳神経外科研修に関する取り組み 小谷 有希子  医師になると同時に入局して、早3年が経過しました。 同門会の方々には、これまで多くのご指導ご鞭撻を頂き、厚く御礼申し上げます。 平成25年1月に新年会(例年新年部長会として開催されていました)にて、上記のような演題でお話をさせていただく機会を賜りました。  私は数少ない女性脳神経外科医のうちの一人でありますが、普段から「女性で脳外科医なんで

2015.03.22

7−WFNS 2013 in Seoul に参加して

朴   永 銖  2013年9月8日から13日にかけて韓国ソウルで開催されましたWFNSに参加して参りましたので皆様にご報告いたします。  今回のWFNSは,ソウル大学病院病院長で脳神経外科学教室 元主任教授のProf Jung Hee-Wonが会長を務められました。私は,2006年の7月からソウル大学こども病院へ短期留学し,多くの事を学ぶと同時に,沢山の優秀な先生方と知り合いになる事が出来たいき

2015.07.16

8-天使の詩・・・シャリテ大学病院の女性脳外科医たち

・天使の詩・・・シャリテ大学病院の女性脳外科医たち 新 靖史 日 時:2015年 場 所:ベルリン  一人の女性外科医が,手術室で患者に向き合っている姿で映画は始まります。女性外科医を演じているのはメグ・ライアンです。時には孤独を感じ,時には傷つき,毎日いろんな思いをひとりで胸の中に持って暮らしています。そんな誰にも言えない深い思いを,天使はじっとそばで聞いています。天使は目には見えませんが,ひと

2017.06.27

9-Dmitrij Kravchenko

Summary of my stay at the department of neurosurgery Dmitrij Kravchenko My name is Dmitrij Kravchenko and I am a medical student from Germany. I decided to join the department of neurosurgery at the N

TOPに
戻る