公立大学法人 奈良県立医科大学脳神経外科

MENU
CLOSE

脳腫瘍グループ

脳腫瘍グループ

メンバー

  • 松田 良介:講師
  • 前岡 良輔 :診療助教
  • 森本 尭之:博士研究員
  • 中澤 務:基礎研究部門グループリーダー

研究内容

脳腫瘍研究グループでは、脳腫瘍の性質や脳腫瘍に対する新しい治療法の研究を行っています。

脳腫瘍の中には治療が非常に難しい場合もあり、中には標準的な治療である手術、放射線、化学療法などで思うような効果が得られない場合もあります。このため新しい治療法が求められています。

最近、「免疫力」を利用したがん治療(がん免疫治療)が注目されています。中でも、免疫チェックポイント抗体による治療は「免疫抑制の阻害によるがん療法の発見」としてノーベル医学生理学賞が与えられたこともあり、世界中で研究開発が行われるようになりました。

「免疫力」は私たちの身体に生まれながらに備わっている力で、細菌やウィルスなどの感染症に対する抵抗力であることが古くから知られています。最近の研究では「免疫力」が身体の中に発生したがんに対しても働き、がん細胞の増殖を抑えたり、がん細胞を壊したりしていることが分かってきました。がんに対する免疫治療(がん免疫治療)では、この免疫力をどのように強くし、がんの治療に役立てていくかということが重要です。

私たちは「免疫力」の中心となるリンパ球(とりわけNatural Killer(NK)細胞やT細胞)を体外で操作してその攻撃力を高め、患者さんに投与するという移植細胞治療の研究を行っています。

最近ではNK細胞を用いた脳腫瘍に対する治療法の研究や、遺伝子を操作してNK細胞の攻撃力を高める研究などを行っています。これまでに試験管内や動物を用いた実験の研究成果を発表しており、その成果は第三者の審査が必要な医学論文や国内外の学会などで発表を行っています。

研究内容紹介

 

主な論文

・総説

Morimoto T, Nakazawa T, Matsuda R et al. Natural Killer Cell-based Immunotherapy Against Glioblastoma.
Int J Mol Sci. 24(3), 2111 2023

・原著

Nakazawa T et al. Characterization of HIF-1α Knockout Primary Human Natural Killer Cells Including Populations in Allogeneic Glioblastoma. Int J Mol Sci. 25(11), 5896 2024

Morimoto T, Nakazawa T et al. Bulk RNA sequencing reveals the comprehensive genetic characteristics of human cord blood-derived natural killer cells. Regen Ther. 25:367-376. 2024

Morimoto T, Nakazawa T, Matsuda R et al. Antitumor effects of intravenous natural killer cell infusion in an orthotopic glioblastoma xenograft murine model and gene expression profile analysis. Int J Mol Sci. 25(4), 2435 2024

Maeoka R, Nakazawa T, Matsuda R et al. Therapeutic anti-KIR antibody of 1-7F9 attenuates the anti-tumor effects of expanded and activated human primary natural killer cells on in vitro glioblastoma-like cells and orthotopic tumors derived therefrom. Int J Mol Sci. 24(18), 14183 2023

Nakazawa T,  Morimoto T et al. CIS deletion by CRISPR/Cas9 enhances human primary natural killer cell functions against allogeneic glioblastoma. J Exp Clin Cancer Res. 10, 205, 2023

Maeoka R et al. Local administration of shikonin improved the overall survival in orthotopic murine glioblastoma models with temozolomide resistance. Biomed Pharmacother. 166, 115296, 2023

Nakazawa T, Maeoka R et al. An efficient feeder-free and chemically-defined expansion strategy for highly purified natural killer cells derived from human cord blood. Regen Ther. 24, 32-42, 2023

Nakazawa T et al. Capability of Human Dendritic Cells Pulsed with Autologous Induced Pluripotent Stem Cell Lysate to Induce Cytotoxic T Lymphocytes Against HLA-A33-matched Cancer Cells. Int J Mol Sci. 23(21), 12992 2022

Nakazawa T et al. Establishment of an efficient ex vivo expansion strategy for human natural killer cells stimulated by defined cytokine cocktail and antibodies against natural killer cell-activating receptors. Regen Ther. 21, 185-191, 2022

Morimoto T, Nakazawa T et al. Evaluation of comprehensive gene expression and NK cell-mediated killing in Glioblastoma cell line-derived spheroids. Cancers. 13(19), 4896 2021

Morimoto T, Nakazawa T et al. CRISPR–Cas9–mediated TIM3 knockout in human Natural Killer Cells Enhances Growth Inhibitory Effects on Human Glioma Cells. Int J Mol Sci. 22(7), 3489 2021

Shida Y, Nakazawa T, Matsuda R et al. Ex vivo Expanded and Activated Natural Killer Cells Prolong the Overall Survival of Mice with Glioblastoma-like Cell-Derived Tumors. Int J Mol Sci. 22(18), 9975 2021

Nakazawa T et al. Effect of CRISPR/Cas9-Mediated PD-1-disrupted primary human third-generation CAR-T cells targeting EGFRvIII on in vitro human glioblastoma cell growth. Cells. 9(4), 998 2020

Nakazawa T, Murakami T et al. KHYG-1 Cells With EGFRvIII-specific CAR Induced a Pseudoprogression-like Feature in Subcutaneous Tumours Derived from Glioblastoma-like Cells. Anticancer Res. 40:3231-3237. 2020

Tanaka Y, Nakazawa T et al. Ex vivo-expanded highly purified natural killer cells in combination with temozolomide induce antitumor effects in human glioblastoma cells in vitro. PLOS ONE. 26;14(3):e0212455 2019

Omoto K, Matsuda R et al. Expression of peptide transporter 1 has a positive correlation in protoporphyrin IX accumulation induced by 5-aminolevulinic acid with photodynamic detection of non-small cell lung cancer and metastatic brain tumor specimens originating from non-small cell lung cancer. Photodiagnosis Photodyn Ther. 25:309–316. 2019

Murakami T, Nakazawa T, Nishimura F et al. Novel Human NK Cell Line Carrying CAR Targeting EGFRvIII Induces Antitumor Effects in Glioblastoma Cells. Anticancer Res. 38:5049-5056. 2018

Yasukawa M, Nakazawa T et al. Minodronic Acid in Combination with ɤδT Cells Induces Apoptosis of Non-small Cell Lung Carcinoma Cell Lines. Anticancer Res. 36:5883-5886. 2016

Nakazawa T et al. Antitumor effects of minodronate, a third-generation nitrogen-containing bisphosphonate, in synergy with ɤδT cells in human glioblastoma in vitro and in vivo. J Neurooncol. 129:231-241. 2016

Nakazawa T et al. Cytotoxic human peripheral blood-derived ɤδT cells kill glioblastoma cell lines: implications for cell-based immunotherapy for patients with glioblastoma. J Neurooncol. 116:31-39. 2014

これまでに獲得した競争資金

科学研究費助成事業

  • 基盤研究(C) 令和5~7年度: 臍帯血由来CAR-NK細胞による膠芽腫治療法の開発: 西村文彦
  • 基盤研究(C) 令和5~7年度: 悪性髄膜腫に対する末梢血および臍帯血由来NK細胞を用いた免疫細胞療法の開発: 松田良介
  • 基盤研究(C) 令和5~7年度: 糖化PEG修飾型免疫チェックポイント抗体とNK細胞を用いた集学的治療法の開発: 前岡良輔
  • 基盤研究(C) 令和4~6年度: チェックポイント分子HIF1αをゲノム編集したNK細胞による膠芽腫治療法の開発: 中澤務
  • 若手研究 令和4~6年度: TIGITノックアウトヒトNK細胞を用いた膠芽腫に対する新規治療法の開発: 森本尭之
  • 基盤研究(C) 令和2~4年度: 膠芽腫に対するNK細胞と新たな免疫チェックポイント阻害の併用療法の開発: 松田良介
  • 基盤研究(B) 平成30~令和2年度: EGFRvIII特異的CAR発現iPS由来NK細胞を用いた膠芽腫治療の基盤的研究: 中瀬裕之
  • 若手研究 平成30~令和1年度: PD-1遺伝子破壊EGFRvIII特異的CAR-T細胞による膠芽腫治療法の開発: 中澤務
  • 基盤研究(C) 平成28~30年度: EGFRvIII特異的CAR導入免疫細胞を用いた膠芽腫治療法の開発: 西村文彦
  • 若手研究(B) 平成28~29年度: キメラ抗原受容体遺伝子改変iPS細胞由来T細胞の樹立と新規膠芽腫治療法の開発: 中澤務
  • 基盤研究(C) 平成29~令和1年度: 超免疫不全マウスを用いた膠芽腫に対する免疫細胞およびPD-1阻害薬併用療法の開発: 松田良介
  • 若手研究(B) 平成25~27年度: 超免疫不全マウスを用いた膠芽腫に対する免疫細胞化学療法の開発: 松田良介
  • 基盤研究(C) 平成26~28年度: 悪性神経膠腫に対する抗てんかん薬を中心とする新規併用療法の開発と臨床応用: 中瀬裕之
  • AMED(日本医療研究開発機構)次世代がん医療加速化研究事業 令和6年~7年度: 悪性脳腫瘍の高度治療抵抗性を克服する次世代ADCの開発: 持田 祐希、秋葉 宏樹、内藤 瑞、劉 学瑩、中澤 務

 

その他

  • 2023年度: 日立財団、倉田奨励金、膠芽腫の低酸素環境を克服するHIF1αノックアウト同種NK細胞の開発: 中澤務
  • 2023~25年度: 奈良県健康づくり財団研究助成、膠芽腫に対する末梢血および臍帯血由来NK細胞を用いた免疫治療法の基盤的研究: 中澤務、松田良介
  • 2021年度: 奈良県立医科大学若手研究者研究助成、ゲノム編集技術で誘導されるTIGITノックアウトヒトNK細胞を用いた膠芽腫に対する遺伝子細胞治療法の開発: 森本尭之
  • 2019年: ACEA Biosciences Research Grant Program, Development of a novel immunotherapy against glioblastoma: Producing of
    PD-1-disrupted T cells carrying chimeric antigen receptor targeting EGFRvIII: Nakazawa T.

 

奈良県立医科大学「医の倫理審査委員会」で承認された研究課題

  • 3336 悪性髄膜腫患者における高純度Natural killer 細胞の培養効率と悪性髄膜腫細胞株に対する抗腫瘍効果の検討
  • 3310 臍帯血由来CAR-NK細胞による膠芽腫治療法の開発
  • 3266 初発悪性神経膠腫患者における高純度Natural killer 細胞の培養効率と膠芽腫細胞株に対する抗腫瘍効果の検討
  • 1058 グリオブラストーマに対する免疫細胞治療の基礎的研究

研究コンソーシアム

  • 奈良県立医科大学病原体・感染防御医学
  • グランソール奈良
  • グランソール免疫研究所

TOPに
戻る