公立大学法人 奈良県立医科大学脳神経外科

MENU
CLOSE

お知らせ

2021.05.29

JNET(脳血管内治療)誌 2020年 優秀査読者賞

中川一郎先生がJNET(脳血管内治療)誌 2020年 優秀査読者賞を受賞しました。

2020.04.01

*抄読会のお知らせ*

抄読会は現在WEBで行っています。 2020年 5月下旬より、Teamsを使って再開しました。 今後当面はこの形で行う予定です。 今までは開催予定日の連絡をしていましたが 今後は、参加希望者を募る形にしようと思います。 参加希望者は お問い合わせから参加希望の旨連絡いただければ、詳細を連絡します。 ※脳神経外科では、英語の論文を読みディスカッションする抄読会を開催しています。 こちらの会に参加して

2019.03.05

「奈良医大くも膜下出血データベース」について

奈良県立医科大学脳神経外科およびその関連病院では くも膜下出血に関する調査を行っています。 くも膜下出血を発症された患者を対象に、年齢や性別などの患者背景とくも膜下出血の状態や治療内容などを調査・収集し、データの解析を行っています。 この結果によりくも膜下出血の治療の進歩・改善を行うことが目的です。 この調査を行うことで治療方法に変更が生じたり患者の不利益になるようなことはございません。 また、氏

2018.12.12

頸椎人工椎間板手術について

ご質問を頂く機会が増えてきましたので 「頸椎人工椎間板手術」と当科での治療状況を説明致します。 頸椎人工椎間板の手術を行っています。 頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症に伴う神経障害に対して「前方除圧固定術」が行われていますが、前方からの圧迫病変を直接除去できる大きな利点がある反面、障害部位の脊椎の動きを止めてしまうことで、隣接する脊椎間での障害が生じやすくなるという問題があります。 それに対し「人工椎間

2018.03.06

本院で脳神経外科治療を受けた患者さんへのお願い

現在、当院では「日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND) 」に協力しています。 2018年1月から当院脳神経外科に入院された患者さんの臨床データを解析させて頂き、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。 解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんの個人のプライ

2017.12.19

第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会優秀ポスター賞受賞

第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会で森﨑雄大先生が優秀ポスター賞、医師部門CAS、銀賞を受賞しました。 第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017年11月23日~25日 森﨑雄大 「脂質異常症を有する頚動脈狭窄症に対する ω-3 脂肪酸エチルの効果」

2017.11.15

第60回日本脳循環代謝学会で森﨑雄大先生が優秀ポスター賞を受賞しました。

第60回日本脳循環代謝学会で森﨑雄大先生が優秀ポスター賞を受賞しました。     第60回日本脳循環代謝学会 2017年11月3日 森﨑雄大 「過換気負荷によるインドシアニングリーン動態変化は術後過灌流を予測する」

2016.01.01

Facebook フェイスブックページ開設のお知らせ

当医局のフェイスブックページを開設しております。ぜひご覧下さい。 奈良県立医大脳神経外科 Facebookページ

2015.04.01

ホームページリニューアルしました。

ホームページリニューアルしました。

2015.02.27

平成25年に奈良県にて開催された研究会

平成25年に奈良県内で開催された研究会の案内です。

TOPに
戻る