「奈良医大くも膜下出血データベース」について


奈良県立医科大学脳神経外科およびその関連病院ではくも膜下出血に関する調査を行っています。

くも膜下出血を発症された患者を対象に、年齢や性別などの患者背景とくも膜下出血の状態や治療内容などを調査・収集し、データの解析を行っています。
この結果によりくも膜下出血の治療の進歩・改善を行うことが目的です。

この調査を行うことで治療方法に変更が生じたり患者の不利益になるようなことはございません。
また、氏名や住所などの患者様の個人情報は調査しません。
この調査に対して外部からの資金提供は受けておらず、患者様に対する新たな負担もございません。

集められたデータは奈良県立医科大学脳神経外科内の研究事務局にて厳重に保管します。

集められたデータは適切な方法で統計解析し、国内外の学会での発表や論文の作成に用いられることがあります。
また、このデータは奈良県立医科大学脳神経外科の関連施設においても情報を共有します。

データの収集について、ご質問や拒否・撤回をされる方は主治医までご相談ください。
ご相談や拒否・撤回はいつでも可能です。
この調査は奈良県立医科大学にて認可を受けている調査です。

ご質問・ご相談は主治医または下記連絡先より担当者宛にお問い合わせください。

奈良県立医科大学 脳神経外科・脳卒中センター

研究責任者:脳神経外科   教授 中瀬 裕之

研究分担者:脳卒中センター 病院教授 本山 靖 

学内講師:山田 修一

電話:0744-22-3051

 

  

  

▲ページトップにもどる