公立大学法人 奈良県立医科大学脳神経外科

MENU
CLOSE
患者さんの
ニーズに合わせた
『病人の側に立つ
全人的医療』
以下の症状でお悩みの方は、
一度、外来を受診してみて下さい。
ことばが出ない、見えづらい、 あるけない、
あたまが痛い めまいや耳鳴りがする
手足の麻痺やしびれ、ふるえ、
けいれん、首・腰等のしびれやいたみ

For Students & Interns

奈良県立医科大学脳神経外科の教育体制を
ご紹介いたします。研修・見学については、
お気軽にお問い合わせください。
先輩の体験談・医局内の様子などを
随時お届けします

脳神経外科の女性医師:〜ポリクリは感動でした!:岡本愛

プロフィール <岡本 愛 大学院生 入局年度:2015年(平成27年) 母、妹・猫二匹の家族 ...
続き
/ 体験記

脳神経外科医が特別しんどい?〜入局1年目:矢野佑磨

プロフィール 矢野佑磨 医員 入局年度:2021年4月(令和3年) 奈良医大卒業 勤務医の父、母、姉 ...
続き
/ 体験記

2021年・新年度開始です!

今年度もよろしくお願いいたします。 ...
続き
/ 医局内の様子

下垂体外科マスターからのメッセージ-西村文彦

「外科マスター」制度が設立 奈良県立医科大学脳神経外科 西村文彦  奈良県立医科大学脳神経外科学教室 ...
続き
/ 体験記

脳血管内外科マスターからのメッセージ-中川一郎 准教授

「外科マスター」制度が設立 脳神経外科学教室 准教授 中川一郎 本学附属病院に「高度外科技術センター ...
続き
/ 体験記
奈良医大脳神経外科の
診療方針
奈良県立医科大学脳神経外科は、高度先進医療の開発と提供をとおして、倫理感豊かな医療人を育成し、地域社会の福祉に貢献するとの理念を掲げ、教室員一丸となって取り組んでいます。
奈良県の中核施設として年間約600件の脳神経外科手術を行い、脳腫瘍(定位放射線治療を含む)、脳血管障害(血管内手術を含む)、機能的脳神経外科(てんかん、パーキンソン病、疼痛など)、脊椎脊髄外科、小児中枢神経系奇形、外傷など幅い脳神経外科疾患領域の治療に対応しています。
全国レベルのエキスパートがチームを組んで知恵と技術を出し合い、患者さんのニーズに合わせた「病人の側に立つ全人的医療」をめざします。 特殊専門外来や治療の判断に悩まれた場合のセカンドオピニオンも受け付けていますので、気楽にご相談ください。
治療方針・ご挨拶
奈良県立医大・脳神経外科の
先進医療体制について
奈良県立医科大学脳神経外科は国内最高レベルの医療を提供し最先端の治療を実践しています。脳動脈瘤、脳腫瘍、もやもや病など高難度の手術をMEP、VEP、ICG、5ALAなどの手術支援を使用し安全に行います。下垂体腫瘍、脊椎脊髄疾患を内視鏡やナビゲーションによって低侵襲 に治療します。難治性てんかん、小児先天性疾患や悪性腫瘍に対して集学的治療を行います。更にtPA、ステント、コイル塞栓術、定位放射線治療にて脳外科領域を広くカバーします。

TOPに
戻る