奈良県立医大・脳神経外科の先進医療体制について

奈良県立医科大学脳神経外科は国内最高レベルの医療を提供し最先端の治療を実践しています。脳動脈瘤、脳腫瘍、もやもや病など高難度の手術をMEP、VEP、ICG、5ALAなどの手術支援を使用し安全に行います。下垂体腫瘍、脊椎脊髄疾患を内視鏡やナビゲーションによって低侵襲 に治療します。難治性てんかん、小児先天性疾患や悪性腫瘍に対して集学的治療を行います。更にtPA、ステント、コイル塞栓術、定位放射線治療にて脳外科領域を広くカバーします。

images_02

・学生、研修医の方へ〜見学・研修についてはお気軽にお問い合わせください。>>

 

お知らせ

お知らせ一覧▶

 

▲ページトップにもどる