脳腫瘍化学療法専門外来

脳に発生した腫瘍は手術で完治するものもありますが、腫瘍によっては放射線治療や抗癌剤を用いても治り難い場合も多くみられます。近年、新規抗癌剤の開発などにより治療成績が良くなってきていますが、抗癌剤の効果は個々の患者様で異なり、従来の病理組織診断だけでは判断できません。
当科では難治性の脳腫瘍に苦しむ個々の患者様に対して最も効果のある抗癌剤によるオーダーメード治療できるように、通常の病理診断に加えて、遺伝子解析も含めた最新の診断を行っています。このオーダーメード治療ができるのは全国の大学病院や癌専門病院でも少ないため、県外からも多くの患者さんの紹介を受けています。
悪性脳腫瘍はまだまだ治療が難しい疾患ですが、患者様やそのご家族とともに現実に立ち向かって行けるように納得のいく説明を行い、最善の治療法を提案させて頂きます。

<主な対象疾患>
神経膠腫、神経膠芽腫、転移性脳腫瘍など

<受診方法>
脳腫瘍専門外来は、水曜日の午前です。初診の患者様は脳神経外科外来へお電話で予約をお取りください。診療をスムーズに進めるため、主治医から事前にご連絡頂けることが望ましいです。
なお、セカンドオピニオンをご希望の方は、セカンドオピニオン外来に申し込んでください。
ご不明な点やご質問があれば脳神経外科外来へ電話でお問い合わせください。     
(電話番号:0744-22-3051 内線3320 又は 3321、電話受付時間:午後2-4時)

<担当医>
中村光利 非常勤医(日本脳神経外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本がん治療認定医療機構認定医・暫定教育医、日本病理学会専門医):水曜日担当

 

 

▲ページトップにもどる