• p1

前期研修医募集

 

〜脳神経外科で濃密な時間を過ごしませんか?〜

特色① 脳卒中の初期対応から治療を学べます。

脳卒中はどの診療科に進んでも、臨床医であれば必ず遭遇するものです。当院では2017年10月から脳卒中センターが新たに創設され、神経内科の先生と合同で奈良県内の脳卒中患者さんの治療にあたっています。脳卒中のtPA投与などの初期対応から血栓回収療法などの血管内治療や直逹手術を実際に体験するだけでなく、脳神経内科とのカンファレンスなどを通じて、脳卒中の知識を深めることができます。手術室では、慢性硬膜下血腫に対する穿頭術を経験したり、開閉頭時に一緒に術野に入り手を動かしたりと、活躍の場がたくさんあります。また、希望があれば顕微鏡を使ったマイクロ練習もすることができます。


特色② 周術期管理や手術手技が経験できます。

脳神経外科の周術期には、神経学的な評価や頭蓋内圧コントロールに加えて循環や呼吸などの全身管理のスキルが必須です。これらを学びつつ、前期研修医が経験すべき動脈ライン挿入や中心静脈路の確保、気管内挿管、腰椎穿刺、スパナルドレナージ挿入などの手技を経験することができます。


特色③ 個々のご要望にお応えします。

将来進む科として脳神経外科を希望するかどうかに関わらず、ローテートしていただいた方全員に「脳外をまわってよかった!」と言って頂けるよう、それぞれの先生のご要望に可能な限りお応えします。「とにかくたくさん手術をみてみたい」「脳卒中を学びたい」「脳血管内治療に興味がある」「脊髄外科をみたい」「小児脳神経外科手術についてを知りたい」「脳腫瘍の手術をみたい」「てんかん外科を学びたい」等々、ご要望があれば事前に申し出てください。


 

<一週間のローテーションの例>

  • sc1

過去のローテーターの声

◆ 他局入局Y先生

 私は神経内科への入局を決めた後に脳神経外科をローテートしました。2017年10月より脳卒中センターが始まり、脳神経外科と神経内科で脳卒中の診療にあたるようになりました。
脳卒中センター開設後は、これまで脳神経外科で主に診療されていた脳出血やくも膜下出血で搬送される患者さんを神経内科でも診療する機会が増えることから、初期研修中に脳神経外科で勉強しておきたいと考えました。
ローテートを決める際には、脳神経外科への入局を考えている人以外はあまりローテートしているイメージがないな、糸結びや縫合がうまくできないけれど大丈夫だろうか、と不安がたくさんありました。
しかし、研修が始まるとどの先生も温かく迎えてくださり、血管の走行や脳のどの部位がどんな機能を有するかなど手術を行うにあたって考えるべきことや実際の手術手技、術後の管理、創部処置まで、ひとつひとつ丁寧にご指導いただきました。脳卒中や難治性てんかんで焦点切除術を行う症例、神経内科からの紹介で脳生検を行う症例など、今後の進路を踏まえて入院担当や手術を割り当ててくださり、6週間という短い期間でしたが、充実した研修を行うことができました。

 脳神経領域に興味がある人はもちろん、どの科に進むとしても神経学的所見の評価や脳卒中の初期対応は学んでおいて損はありません。脳神経外科での研修は、とてもよい経験になると思います。脳神経外科の(神経内科もあわせて)ローテートをお勧めします。


◆ 他局入局A先生
 私は研修医2年目の3月、つまり研修修了直前に脳外科をローテートさせていただきました。その頃には入局先も決まっており、年度末というお忙しい時期にもかかわらず優しく迎えてくださった先生方にはとても感謝しております。初めて脳外科領域に興味をもったのは救急科で若年者の頭部外傷を担当させて頂いたときでした。手術でこんなにも劇的に意識レベルがよくなるのか、と感動したのを今でも強く覚えています。その後も数例脳外科症例を担当させていただき、興味はありましたが、脳外科は専門性の高さゆえローテートの敷居がとても高く、入局者しか回らないと思っている研修医がほとんどでした。
私もそのうちの1人で、かなり躊躇しましたが脳外科の先生の後押しもあり、ローテートさせていただくことに決めました。 いつ緊急がくるか分からないという緊張感は常にありましたがon offがはっきりしていたため、適度にリフレッシュでき、研修を通じて脳神経という神聖な領域に触れ、手技も豊富で、特殊な器具を触らせてもらえたりと、元々手を動かすことが好きな私はとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。またクモ膜下出血はどういう治療をしてどのような経過をたどるのか、脳腫瘍はどのように摘出するのかなど家族や周りの人が疑問に思うことを研修内で勉強させていただけたことが自分にとってすごくいい経験になったと感じております。
入局先が決まってからのローテートは迷惑ではないだろうかと内心びくびくしていましたが、どの先生も気さくで優しく、飲み会にも連れて行っていただき、研修が終わる頃にはもう少し長い期間ローテートしたかったと寂しく感じるほど楽しく充実していました。
実際に回ってみると自分達で勝手にローテート敷居を上げていたのかもしれないと感じました。
臨床研修という機会を生かし自分自身の経験としてぜひローテートをおすすめします。楽しいです!

◆ 脳神経外科入局 S先生
 私は、初期研修2年目の12月に脳神経外科をローテートさせて頂いたのですが、率直な感想は脳外科の手術がとてもおもしろいということでした。ローテート中、開頭クリッピング術、バイパス術、腫瘍摘出術、穿頭血腫洗浄術等、色んな手術に立ち会わせて頂き、また術野にも入らせて頂きました。手術のバリエーションが豊富で、同じ術式でもアプローチの方法が違ったり、マイクロでの繊細な操作、術者の諸先生方の技術等、どれをとってもとても興味深く奥が深いと感じました。また、1つの手術を行うまでには入念な準備が必要であり、諸先生方の診療、手術、術後管理に挑む姿はとてもかっこよく魅力的で、自分もこんな脳外科医になりたいと思いました。
その他には、脳外科医局の雰囲気がとても良いと感じました。指導、教育体制も整っており、ローテート中、諸先生方には温かく熱心に御指導頂きました。また、勤務中だけではなく、勤務終了後には食事に誘って頂き、脳外科について様々な話を聞かせて頂いたり、相談に乗って頂いたりと、気さくに温かく接して頂きました。
1カ月という短いローテート期間でしたが、こんな職場で働けたら絶対に楽しいと思わせて頂いた1カ月でした。
現在、私は後期研修医として医局に所属していますが、入局後も思い描いていた印象通りで、脳外科に入局して本当に良かったと思っています。
これから進路を決定していく学生、初期研修医の皆様、少しでも興味があれば、是非脳外科へ見学に来て頂ければとても嬉しく思います。

◆脳神経外科入局 N先生
 初期研修の2年間のうち、私が脳神経外科を回ったのは1年目の最初の3か月間と2年目の中頃の2か月間でした。
初めの研修はオリエンテーションをやっと終え、右も左もわからない中で始まりましたが、初歩的なことも含め多くの事を教えていただきました。日々のカンファレンスでは担当患者のプレゼンテーションや、手術の術前検討会でのプレゼンテーションなどを行い、自らの担当している患者について責任を持つ姿勢を学ぶことができたと思います。発表内容について一人では難しい部分もありましたが、オーベンの先生方に相談させていただくと快く応じていただきました。
診療においては脳卒中の診察の仕方や、日常診療でもよく見る意識障害の見方など、今後に役立つ症例を多く見ることができました。また、慢性硬膜下血腫の穿頭洗浄術などでは執刀医の立場として手術を行わせていただいたことなどが思い出深く残っています。
3か月の研修期間はあっという間で、まだまだ学び足りないという思いから2年目にも研修をさせていただくことにしました。2年目の研修ではさらに主体的に担当患者を任せていただけるようになり、また、研修の終わりごろには開頭術の執刀を行わせていただくなどさらに多くの手技を行わせていただくことができました。  脳外科の研修は求めれば求めるほど、多くの事を返してくれる研修だと思います。
将来像として脳外科を考えている人だけでなく、外科全般を考えている方、また、外科以外を考えている方でも卒中や意識障害の診療など得ることの多い研修になるかと思います。興味を持たれた方、ぜひお待ちしています。 

・後期研修医募集へ>>



▲ページトップにもどる